SSブログ
前の3件 | -

連休も後半に

 年間で最大の連休も5日は雨になり、それも休憩の時間になるでしょう。

 IMG_1578.jpg

 5月も藤の花が垂れ下がって季節感を出しています。

 IMG_1607.jpg

 こちらは半島ですから、海と陸の風景がこのようにどこでも見ることができます。観光地というほどの土地ではありませんが、やはり海と山はきれいです。

 IMG_1562.jpg

 海は、このようにレジャーの場にもなります

 IMG_1577.jpg

 海底まで背が届く程度の深さなので、そんなに危険ではありません。


 刈払い機は使い捨てか
 sIMG_1590.jpg
 この写真は刈り払い機の刃を研ぐ「Dケンマー」です。チップソーのチップの外面と内面を研ぎます(研ぐ場合、コツがありますが、外回りと内溝はひっくり返さないとできません)。新品の刃でも4,5回使うと刃の先が鈍くなり、刃から草が逃げるようになって、使いにくくなってしまいますが、研磨することで、刃先が鋭くなり、切れ味が回復します。3,4回は研げるでしょう。これをお持ちの方は少ないかもしれませんが、8千円程度で買えます。チップソーは2千円くらいですから、かなり節約できると思っています。IMG_1596.jpg

 IMG_1600.jpg 触れると指先に刃の尖りがよくわかります。
 
 ところが、その刈り払い機本体を使おうとしたところ、スターターコイルが緩いままになってしまって、使えなくなったので、修理にJA農機具修理場へ持っていったところ、「これは直せません。この機種は扱っていません」と。系列外のようだ。それで、ホームセンター「コメリ」へ行くと、「丸山」の機種が並んでいたので、修理をお願いすることにした。「見積額を連絡.します。その後修理します」と言うので、疑問を感じていたら、「場合によっては1万円くらいかかります」と言われたので、とりあえず「1万円を上限でお願いします」と答える。

 そのあと、確認のためにホームセンターの売り場を見たら、「カーマ」ではリョウビ、「コメリ」は丸山の製品を売っていたが、その価格は1万5千円~2万円だった!
  ウーン、確かに安いので、ホームセンターで購入したのだろうけれども、それにしても金属製でしっかりしているようだし、感覚的に「3年5年程度で捨てるなんてもったいないんじゃないか」と疑問が残った。農協は農機具販売で先行していて、ホームセンターが後から参入している後発組だが、元気なのはホームセンターの方だ。しかも農機具や工具はたくさん陳列してあって、買いやすいと思うし、ビジネスとはこういうものではないかとも思った。私の「何でも修理して使い続ける」というスタンスが時代に遅れているセンスだろうと連れ合いがコメントした。もちろん、最初に自分で修理できないかと、分解しようとしてもネジが錆びていてはずれないのでは作業が進めなかったからだ。この刈払い機はもう修理に出したので、この後壊れたらもう修理しないで新たに購入することにした。同じメーカーを使うつもりだ。時代遅れだろうと、物を大切に長く扱うことも地球自然環境を守ることにつながるはずで、経済的効率を優先的に考えない方がいいように思う。

 老人力
 上の話題とも関係するのだけれども、「老人会」という組織があります。私が留守の間に、会費の支払い領収書、翌日「回覧板」が置かれていて、この日の午後に世話人の方の訪問があり、17日に神社の掃除があるので参加してほしいとお話になる。老人会というのがどんな組織か、わからないし、任意参加なのか、「半強制」なのかもわからない。これまでは離れたポツンと一軒家状態だったが、便利な街中に住むようになったので、こんな声がかかるようになったのだろうとは思う。神社の掃除くらいはやってもいいけれども、それ以外の懇親会だのは忌避したい。が、話の中でどうも私を今後の世話人候補に上げているように感じた。と言うのもこのグループは会員が5人であり、このままでは先行きがどうなるのか、他のグループに併合されるだろう。老人会の意義は地域への奉仕と思うけれど、そもそも年寄りは暇だからという常識があるようだ。それで今後は神社の掃除くらいだけは参加するが、あとは無関心を決め込むことにした。
 実際、私は今までの人生でこれくらい時間があって、身を持て余しているのは経験がなく、時間つぶしに困っているくらいなのだが、しかしそれは何をするにも腰痛に悩まされて動けない、気力も記憶力も衰えているという個人的事情があるためだ。友人知人も同じくらいの高齢者であるので、訪問者もこちらから訪問することも(用件も)無い。仕事そのものも無くなっている。こんな過ごし方に戸惑うことになるとは思わなかった。ただ、迷いと悩みがひとつ。あと2年で運転免許証の更新で迷っている。今度は実地試験もあり、まるで返納を勧めるかのごときだ。地方住まいでは軽トラなどは足替わりであるにも関わらず。それで

釣り
 連休の5月3日午後、海に釣りに出かける。防波堤には人が多い。子連れもいる。この日は2時間ほどで5匹が来てくれた。30センチのギンボ(海のドショウ)、15センチのアイナメ、その他として、カサゴ、ハゼ、ドンコは10センチ程度だが、これは豊作に近い。他の誰も釣れていないからだ。初心者は投げ釣り仕掛けとルアーだが、私はウキ無しの脈釣り。これくらいの釣り果なら、満足できる。餌のゴカイは三日くらい生きてるので、三日連続で釣り日和が続いてほしい。
 翌日5月4日の午後、1時間ほどで20センチのギンボ、10センチ長のカサゴ、それに30センチのグレが来てくれたので、これは町の知人に届けることができた。
 ずっと海岸は風が強かったり雨であまり釣りができなかったので、久しぶりの2日間になった。他の釣り人は釣れていないので、貴重な魚だが、持ち帰ってもあまり驚いてくれない。シーズンに入ると、この程度は私には普通の実績なので、お手伝いさんたちに差し上げているが、有難みも薄いようだ。私の釣り経験は60年以上で、海釣り(岸壁から)、渓流釣り(アユの友釣りはしないが)、船に乗ったりだのお金を掛けない手軽なレジャーだ。子供の時には竹竿にリールガイドを付けてきた世代でもある。

竹細工
 前にもリポートしたけれども、竹の筆立て、箸立て、竹とんぼは、もう20軒以上に差し上げただろうか。多少の電動工具は持っていたし、糸鋸、ナイフだけで作ることができるが、あまりあれこれ、色々は作れない。もう少し制作範囲が広がるといいのだけど、それは贅沢な悩みかもしれない。


激しい下痢
 4日の午後の釣りは1時間ほどで切り上げた。昼食後に激しい下痢に襲われたためだ。おそらく、昼に食べたものが、冷蔵庫で残っていて痛んでいたのだろう。パンツやズボンなどを汚してしまった。食事もほとんどが自前になっているけど、管理が不十分なのだろう。栄養が偏ったり、アンバランスになってしまったのだろう。身の回りのこと、なんでもやれるわけではないので、高齢者にはこういうこともあるかなぁ。

nice!(13)  コメント(5) 

ゴールデンウイークが間近

 4月も月末になり、いつもの年ならゴールデンウイークになって、いろいろ旅行やレジャーの予定を組む時期なのでしょうが、今年は様変わりです。その理由は当然コロナ感染拡大にあります。更に変異コロナが広がっていて、外出自粛が呼びかけられていて、「不要不急の外出」を控えるようにとの通達。警察からの警告ではないので、不法行為とまでは言えませんが、今や民間の「自粛警察」まで出ました。第4次感染も半ばに達し、この先どうなるのか予測もできません。

 後出しになりますが、国・自治体の非常事態宣言や対策が遅すぎる。第3波初期の認識が甘すぎました。幾つもの流れの可能性を予測しておき、それぞれの対策を準備しておくべきでした。


 私の町でも接種予約がはじまりましたが、500人指定なので、アッと言う間に予約が詰まりました。私は予約できませんでしたが、そもそもワクチン接種を受ける決断が出来ません。ワクチンには人工の遺伝子が組み込まれていて、これがノーベル賞ものの発明だとの意見もあるものの、長い将来への影響が不安のままです。現在のワクチン接種はほとんど人体実験状態です。

 


 IMG_1530.jpg

 庭先の春菊は朝までは萎れていますが、午後にはこのように花が上向きになっています。

 IMG_1548.jpg

 昨日は釣りに出ましたが、小さなカサゴ1匹だけ。シーズンではないし、時間も早いのは承知していますが・・・

 IMG_1524.jpg

 再びの筆立て箸立て、それに竹トンボの工作。とても竹細工とまでは言えないですが、喜ばれているようです。

 IMG_1510.jpg これは「くじ引きの道具」です。底に数字が書いてあって、順番や当たりはずれを決めることができます。

 IMG_1542.jpg これも繰り返しの作業で、鉄くず回収の人から前日に連絡があって、山道の奥から軽トラで運び出して、4トントラックが入れる場所まで移動させました。予約の日の午後に見に行くと、きれいになくなっていました。こんなことでも役にたってよかったです。高齢者はあんまり役に立つこと、できないですから。


 みなさんもコロナ禍の中でも落ち込まないで、山登りにでもお出かけになってはいかがでしょうか。人が少ない場所へハイキングなど、いいですよ。私は海岸への釣り三昧です。 


nice!(12)  コメント(3) 

4月中旬は雨も多いが春爛漫


4月5日 異変

 今日は近くの自動車修理工房へ朝8時過ぎに軽トラを運ぶ予定があった。車検の更新予約してあったので、軽トラでコンビニへ煙草を買って、それから自動車修理工房へ行こうとすると、どう行っていいのか、わからないのだった。自分でもなぜわからないのかが理解できなかった。とにかく見知った建物の通りを何度か往復したりして、やっと目的地に着いて、軽トラを引き渡し、連れ合いに電話して、迎えに来てもらった。修理工房場の主人は「病院に行ったほうがいいよ、煙草を控えることだね」とご自分の入院経験も少し話してくれた。「一時的に記憶と意識が落ちた」かのようだった。
 広いエリアでは40年、借家を借りてからは3か月ウロウロあるいは車で数えきれないくらい通行した、その先が「わからない」のだ。迎えに来てくれた連れ合いの車で農場まで帰り、頭を冷やそうと、農場から借家まで歩いた。30分以上かかって帰宅したので、少しは「記憶の欠落」が軽くなったような気がしたけれども、まだすっきりしない。連れ合いは「お酒やたばこの飲みすぎだろうから、量を半分に減らした方がいいのでは」と言う。これが一番的確な観察と助言だろうと思った。その数日前から頭が「ガンガン」していたが、おそらく血圧が高めだったのだろうと思ったが、これが脳内出血につながるのかどうかはわからない。しかし、後期高齢者になって、様々な健康トラブルも起こっているし、新たな体の不調もおきるだろうし、神経質にならずに受け止めていくしかない、とは思っていた。ところで、「スッポリ落ちた記憶」は回復しないように感じた。それは新たに同じような体験をすることが、新しい記憶となって残るように感じた。 


 複数の知人から、きちんと診察を受けた方がいいという助言を受けたけれども、私はしばらく様子を見ようと思いました。危機感が弱い、または足りないのではないかと思われるかもしれません。私は現在76才であり、最近のデータでは男性の平均寿命は81才(84歳に延びたデータも。女性は5、6年長い)、なのであと5年程度ではないか、残りは多くないと思っていることで、そんなにバタバタしないというのが理由かもしれません。おかしいでしょうか。もう十分生きてきたので、これ以上長生きできなくてもいい、というのは本本音だが、連れ合いは「そういう人に限って長生きする」と言う。 

 IMG_1499.jpg

 この植物の名前をご存じですか。若い方は知らないかもしれません。「イタドリ」の芽です。春先の野山に出ていて、3メートルくらいまで伸びますが、大きいのは固いので、若い芽を根元から切り取ります。根元から皮を剥いで、中身だけを食します。しょっぱいです。これで子供の頃の山野の食べ物だったんです。
 野菜畑では
 IMG_1469.jpg
 トマトのウネ。株間は90センチです。3本仕立て(次々と出る脇芽を3本伸ばし、その3本からの脇芽は摘んで、ハナブサだけを残します)の予定です。それで株間が広いのです。1本仕立て、2本仕立ては高くなり過ぎます。
 IMG_1463.jpg キュウリのウネ。これは株間60センチ。2本仕立てを予定。
 IMG_1480.jpg ソラマメ。早いものはサヤが膨らんでいますが、ばらつきがあります。
 IMG_1483.jpg ちょっと密植気味です。早めに剪定して茎数を減らすべきでしたが、とりあえず1m超の茎の先の芽を摘みました。
 IMG_1457.jpg
 畑でなく、庭先の春菊です。食用でなく鑑賞用。
 IMG_1446.jpg
 さて、前回に予告していましたが、畑まわりの竹を切ったのが頭にあって、それから加工しました。右が箸立て。左が筆立て、です。箸立て筆立てのセットを10個制作して、お手伝いさんなど周りの方に差し上げ、家族には竹とんぼセットを5組制作しました。手で回す軸から羽根だけが離れて飛ぶタイプです。これ、複雑で、とても難しいのですよ。子供の時には難なく作ったのですが、もうコツも忘れてしまっていましたけど、無事できあがりました。
 ATなど様々な技術が人から仕事を奪って、人は楽になったようですが、同時に「やりがい」「生きがい」も奪ったように思えます。さ、あなたも自分の手で、ゼロからいろいろ制作して、それらを取り戻しましょう。

nice!(14)  コメント(7) 
前の3件 | -
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村