SSブログ
前の3件 | -

朝から雨

 DSCF0009.jpg

  今日は8月18日・木曜日ですが、室内もこのように整理されていて、屋外の玄関先と駐車場も草引きを済ませて広々としています。その周りの公道(町道)の草も抜きました。これでいつも住んでいる家周りは終わったのですが、後は離れた畑の管理です。野菜作りは若い者に任せたので、もうすることがありません。

 私が使っているトラクターは倉庫に入れて雨風が当たらないようにしました。

 DSCF0004.jpg

 近頃は記憶能力が衰えていると感じます。数年前とか10年くらい前の記憶が遠くなりました。パソコンに入れて置いた情報にアクセスすると、忘れてしまった事柄が一杯出てきますので、過去の記録を削除していいのかどうか迷います。しかし、それらは「邪魔」な情報になっているので、情報整理したいのですが、それから先は判断保留のままです。老化はこのように私の中で進んでいます。みなさんのご経験がありましたら、教えてください。

 DSCF0005.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

2022-08-13

 余生の過ごし方

 ひょっとしたら、今が私の余生ではないだろうか。そのように思うようになったのは4.5日前からで、どうも私は鈍いなぁ。
 しかし、今私の周辺は騒がしい。家の内部の改造や補修作業が続いている。3月末からなので、100日もずっとトントンカンカンと釘打ちやノコギリで静かではないどころか、およそ余生にふさわしくない空間になっている。もう数日で終わっるだろうと待っているのだけれど、ほかに身の置き所もない。静かで穏やかな日々に早くなってほしいです。中之郷のこの建物は奥には4部屋があり、そこは板間になった。玄関正面から階段があり、二階にあがれるようになり、古い階段ははずされて二階の2部屋はきれいな畳み敷きのへやになった。さて、そこまでしか頭の中になかったが、ずっと前からの、連れ合いと私とのたった二人だけの住まいとしてはいかにも広すぎるのだが、連れ合いがどう考えているのかわからないし、問うてもすっきりした答えはない。フリーで気ままに過ごしたいだけなのではないかとも。

 いずれにしても、あと1,2日で作業は終わるだろう。その後のことはその後で考えよう。


 「自分が 高齢になる ということ」 和田秀樹(老年精神科医)新講社ワイド新書 900円+税


 購入時点で8万部読まれていたが、10万部は超えているだろう。様々なトラブルに見舞われるのは、アルツハイマー認知症のせいで自分が原因ではないとか、ボケは早い者勝ちなどと素っ気ない言い草もあります。要するに後期高齢者に起こりがちな現象を優しく解説している本なのですが、自分を客観的に観察できる本。

DSCF0007.jpg
 しばらくブログを書いてなくて、なぜか気持ちが乗りませんでした。1日に一つくらい書いても負担ではないだろうと思っていましたが、そうでもないようです。

 画像は住居を玄関から撮ったものです。家族は私とかみさんだけなので、広すぎて使いこなせていません。(まだ2階もあります)

 思っていること、感じたことはいろいろあるのだけど、また次の機会に。なるべく間が空かないようにします。


nice!(7)  コメント(4) 

余生の過ごし方

 DSCF0008.jpg


  パソコン不調の次は手の指が

 テレビで高齢者の体調不良のためのサプリメントの広告もあり、その中に手の指のしびれがあり、私も十日余り前から、指が意のままに動かなくなっています。少しは軽くなっていますが、これも高齢の副産物というか、引き受けざるをえないが、なんとか医師に相談するほどではない。頭の中が暇なせいか、なかなかのんびりした日常は来ないです。 
 DSCF0006.jpg
  
 余生の過ごし方

 ひょっとしたら、今が私の余生ではないだろうか。そのように思うようになったのは4.5日前からで、どうも私は鈍いなぁ。
 しかし、今私の周辺は騒がしい。家の内部の改造や補修作業が続いている。3月末からなので、100日もずっとトントンカンカンと釘打ちやノコギリで静かではないどころか、およそ余生にふさわしくない空間になっている。もう数日で終わっるだろうと待っているのだけれど、ほかに身の置き所もない。静かで穏やかな日々に早くなってほしいです。中之郷のこの建物は奥には4部屋があり、そこは板間になった。玄関正面から階段があり、二階にあがれるようになり、古い階段ははずされて二階の2部屋はきれいな畳み敷きのへやになった。さて、そこまでしか頭の中になかったが、ずっと前からの、連れ合いと私とのたった二人だけの住まいとしてはいかにも広すぎるのだが、連れ合いがどう考えているのかわからないし、問うてもすっきりした答えはない。フリーで気ままに過ごしたいだけなのではないかとも。

 いずれにしても、あと1,2日で作業は終わるだろう。その後のことはその後で考えよう。
 DSCF0002.jpg

 「自分が 高齢になる ということ」 和田秀樹(老年精神科医)新講社ワイド新書 900円+税


 購入時点で8万部読まれていたが、10万部は超えているだろう。様々なトラブルに見舞われるのは、アルツハイマー認知症のせいで自分が原因ではないとか、ボケは早い者勝ちなどと素っ気ない言い草もあります。要するに後期高齢者に起こりがちな現象を優しく解説している本なのですが、自分を客観的に観察できる本。





 DSCF0003.jpg

nice!(9)  コメント(4) 
前の3件 | -
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村